リクエストにおこたえ その1 逮捕しちゃうぞ the MOVIE
逮捕しちゃうぞ the MOVIE 監督 西村純二 脚本 十川誠志 その他 原作:藤島康介
主題歌:NITRO 出演 (声の出演)玉川紗己子 平松晶子 小桜エツ子 政宗一成 島田敏 公開情報 1999年作  日本映画 東映配給 90分

お天気お兄さん氏よりの依頼

初のアニメ物である。この警察署には部署がないのかとか、婦警さんしか働いてないのかとかいう野暮な疑問はこの際なしにして、せっかくヘリが出るんだからちょっと語ってみようと思う。

まあアニメだし、やろうと思えることはなんでも描写可能で、内容は他愛もないといえばそれまでだが、東京都内の施設や地形を駆使してチェイスするところなんか、なかなか面白い。勝鬨橋(かちどきばし)があがるところはちょっと感動(笑)。

飛行中にスリング物件を降ろせるか?

犯人の乗る船を追跡して犯人の逮捕に成功した二人だが、犯人グループの数人を新たに追跡するのに間に合わないことを悟り、海上保安庁のBell 212でつり下げてもらい現場に急行するというシーンでのこと。

このとき、ミニパトを無理やり降ろしてしまうのだが、これで重心位置がかわって、ヘリが落ちてしまうのではないかという質問である

結論から言うと「問題ありません(笑)」。スリングフックは、ローターシャフト(マスト)の真下にあり、ほぼ重心の中心にあること、また吊られてる物が一本のスリングベルトなので、外れたからといって即危険ではないです。

なので空中消火の時に水をまいてもヘリはなんてことなく飛んでます。まえに、その空中消火バケットに消防署員がてきとーに水をいれてしまったため、規定の重さをオーバーしてしまったために、離陸後、前進したとき危なくなって切り離した事があったという話を聞いたことがあったが、その時でもヘリは問題なく、その後飛行したそうである。

それより、このシーンで人が車に乗ってるというのが驚異である。普通、車のようなでかくて、すかすかしたものをスリングしたときは荷物はぶらぶらと揺れ、ホバリング近くなると荷物はローターが回転してる関係上、ぐるぐるぐる〜っと回り始めるのである。とてもじゃないが乗ってらんない!

しかも212のような2枚ローターのヘリに下げられたものは、ダンダンダンっていう振動が伝わるため、あんな男と女が見つめあう様な雰囲気にはならないはずなんだがなー。