食べちゃうぞ the MOVIE

ディープ・ブルー
(Deep Blue Sea)
監督 レニー・ハーリン
脚本 ダンカン・ケネディー
ドナ・パワーズ&ウェイン・パワーズ その他
水中撮影:ピート・ロマノ
出演 サフロン・バロー
サミュエル・L・ジャクソン
トーマス・ジェーン
LL・クール・J
1999年作品 アメリカ映画
ワーナー・ブラザース映画配給 105分


ほとんど大スターは出てないが大掛かりな映画という、ある意味異色の存在のパニックムービー(笑)。
まあ、サメに食われちゃうというネタ的にはB級ものだからかもしれない。

Mun@geはキャストの中で唯一知ってるのはサミュエル・L・ジャクソンだったから、こいつが主役なんだろうから最後までみんなを導いて戦うんだろうな、なんて思いながら見てたら、もう序盤で感動的な演説を行った直後にぱっくりと喰われてしまった(笑)

その後も主役級の面々が次々に喰われていく様は「いったい監督や脚本家はなにを狙ってるんだろう」と考えてしまった。この映画の最大の見どころは、科学者の姉ちゃんが途中で下着姿になるところだろう(笑)

なんで映画のヘリのウインチはすぐ壊れるんだ(笑)?

科学者の一人がサメをからかってるとき、腕をばっくり食われるところからこいつらの
悲劇は始まる。

そのおっさんを助けるためにヘリのレスキュー隊が来るのだが、彼らがホイスト作業で
(ウインチによる吊上げ)おっさんの担架を吊上げ始めたところから、もうMun@geは
「ああ、ここでウインチが壊れるのね(失笑)」とか言ってたらホントにそんな展開に
なった(笑)

ところで映画にホイストが出ると、それは必ず壊れる。唯一壊れなかったのは実話を元
にしたという「パーフェクト・ストーム」ぐらいなもんだ。で、壊れてこいつが逆転して
しまうんだが、そんなこと絶対にないっ!! 

歯車は油圧/電気モーターで完全に食いついているため、止まることはあっても落ちる
ことはない。
ので冒険野郎マクガイバーを始めとして、これでものが落ちることはまずないと思って
もらいたい。

そんでこいつには続きがある。そのあと、ホイストのケーブルが絡まってしまい、患者
が宙づりになってしまうが、これもあり得ない。何でかというと、ケーブルにはおっさ
んの重さのテンションがかかってるからね。

そしてだ、最大の「とんでもない」がこの後だ。なんとおっさんがここでサメに喰われ
てしまうのだ(笑)。
そして、ヘリはサメに引きずられて建物に突っ込んで管制係のおばはんもろとも大爆発
となってしまうのだが、これもそんなことにならないような仕掛けがある。

火薬でもってクサビを打ち出してケーブルを切断する仕組みが組み込まれていて、クル
ーの誰もがそれを操作できるようになっている。つまり、航空機で使う装備は幾重にも
安全処置がなされてたり、タフに出来てるのである。

こんなんじゃ助けられる命も救えないのだ。